子どもたち2人とも溶連菌(ようれんきん)に…。

なんか年末年始から子どもたちの調子がいまひとつ。
正月終わってからも喉の痛みを訴える子どもたち。
風邪の割には発熱もしておらず、手持ちの薬がなくなったものあり、
2人ともおばあちゃんと一緒に病院へ。

そしたら、疑問に思った小児科の先生が検査をして、
その結果、溶連菌(ようれんきん)との事でした。

実は、子どもたち2人とも溶連菌(ようれんきん)と
診断されたのは初めてです。
インフルエンザなどのウイルスの風邪と違い、
抗生物質の薬をしっかり飲まないと治らない病気。

ということで子どもたち2人とも10日分の抗生物質が
処方されました(^^ゞ
しかも1日3回だし、娘に至っては保育所で毎回書類
書かないといけない。。。
息子は明後日から3学期だから登校にはギリギリ間に合うと思う。
だけど…冬休みは体調があんまり芳しくなかったので、
宿題がまだ全部終わっておらず、最後に残した宿題は…
「書き初め」

それを最後に残したか…。

結構この冬休みの宿題、期間の割には量が多かったですね。
漢字ノート5ページ以上、計算プリント、読書などなど休みが
あってないような感じだったかも。

そのうえ、くもんの宿題もそこにプラス。
バッタバタな冬休みだった感が。

そして私も2週間後には小学校での
図書ボランティアがあるのでそろそろ本を決めないと。
1冊は決めたけど、あと2冊どうしようか考え中。

昨年の写真になるが…最近、仕事の夕方休憩では
会社スタッフからいただいたお菓子を
ちんまり食べるのが楽しみです(*^。^*)
会社スタッフからもらうお菓子たち♪

お菓子は好きですが、体調的に食べれる日とそうでない日が
あるので、いちお…程々だよなぁと自負しています。