バセドウ病の定期診察・2019年7月編

今日は、約1ヶ月半ぶりにバセドウ病の定期診察の日でした🏥
8時半頃に血液検査を受けに行ったら今日は待ち時間なくてラッキー😊
…と思ったけど、今日は診察までの時間が長かったですね。
たぶんね、前の人の診察時間が長いと時間的に落ちるという感じです😅

本日の血液検査結果📝
今回は、TSH受容体抗体(TRAb)の数値があがっていませんが、
陰性で基準値内との事です。
190701血液検査結果♪

2018年11月からの一覧表を更新しました

診察日付TSHFT3FT4BNPTSH受容体抗体(TRAb)薬処方(1日)
2018/11/050.03 ↓10.9 ↑3.68 ↑118.2 ↑8.89 ↑メルカゾール5mg4錠/プロプラノロール1錠
2018/11/260.03 ↓7.1 ↑2.58 ↑63.5 ↑12.13 ↑メルカゾール5mg4錠/プロプラノロール1錠
2018/12/170.03 ↓2.50.7914.39.00 ↑メルカゾール5mg3錠
2019/01/2132.10 ↑1.9 ↓0.51 ↓15.06.39 ↑メルカゾール5mg2錠
2019/02/1830.07 ↑2.1 ↓0.51 ↓6.22.62 ↑メルカゾール5mg2錠/チラーヂンS錠25μg1錠
2019/03/1817.41 ↑2.40.8320.1↑2.70 ↑メルカゾール5mg2錠
/チラーヂンS錠50μg1錠
2019/04/158.64 ↑2.40.9016.41.53メルカゾール5mg1錠
/チラーヂンS錠50μg1錠
2019/05/136.38 ↑2.91.3123.1↑1.07メルカゾール5mg1錠
/チラーヂンS錠50μg1錠
2019/07/016.86 ↑2.61.1936.3↑陰性(今回は表記なし)メルカゾール5mg1錠
/チラーヂンS錠75μg1錠

表内の赤は基準値越え、青は基準値未満です。

【血液検査の基準および指標】
●TSH 基準:0.75~4.67 ※甲状腺刺激ホルモン
基準値より低いとバセドウ病、高いと甲状腺機能低下症

●FT3 基準:2.3~4.2
●FT4 基準:0.72~1.52
※どちらも甲状腺ホルモン値
2項目とも基準値より高ければバセドウ病、低いと甲状腺機能低下症

●BNP 基準:0.0~18.4
※心臓の状態の数値。高ければ頻脈

●TSH受容体抗体(TRAb) 基準0.00~2.00
※この基準を超えている=陽性 つまりバセドウ病と診断。
つまり、この数値が正常になることが目安となると言われている。

メルカゾール1錠+チラーヂン50μ1錠服用で約2ヶ月半継続。
30の項目の数値がもう少し下がると思いきや…前回よりも少し数値があがり、横ばい状態に🙄
ということで甲状腺ホルモンを補う量を増やす意味合いで、処方は
「メルカゾールを1錠+チラーヂン75μg💊」となり、通院も約2ヶ月後となりました。
次の血液検査結果次第でメルカゾールを2日に1回にする可能性もあるとの事です。

今日、血圧は前回ほどでもなかったです。ただここ最近、
週末になると寝込む日々が続いているのでそれで
何もする気力が起きないのもあります⤵⤵
甲状腺機能低下症の状態が改善されれば変わるようですが…。
薬で数値がある意味安定しているのが経過順調の
目安でもあるようです🤗

すぐではなく時間かけて治していくもんだなぁと
改めて感じたところです。

 

タイトルとURLをコピーしました